空き家・相続について

  • HOME
  • 空き家・相続について

空き家・相続物件の売却をご検討の方へ

長年住んでいない空き家や相続で譲り受けた物件を放置しておくと、様々な問題が生じてしまうことがあります。こちらでは、熊本市東区の株式会社RC不動産が空き家・相続物件が抱える問題と有効な活用方法についてご案内します。ぜひご参考にしてください。

空き家物件について

こんな悩みはありませんか?

こんな悩みはありませんか?

「親が老人ホームに入所し、空き家になってしまった」
「親から譲り受けた家に誰も住んでおらず管理できていない」
「不法侵入やいたずら書きなどされないか心配だ」
「景観が悪いとご近所から苦情が来た」

様々な事情で誰も住んでいない物件を放置していると、様々なトラブルが起きてしまいます。犯罪の温床になるなど大きなトラブルに巻き込まれないためにも、また近隣とのトラブルを防ぐためにも、不動産売却を検討されてみてはいかがでしょうか。

不動産売却をおすすめします!

空き家放置のリスクとは

空き家放置のリスクとは

誰も住まなくなった家を放置しておくと、様々なトラブルを引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。たとえば、不法侵入や不法投棄、放火など犯罪の温床になるリスクがありますし、景観が悪いと近隣からクレームが来ることもあります。老朽化した空き家は倒壊などのリスクもあり、第三者に危害が及んだ場合には補償問題に発展してしまうことも。

また、2015年5月に施行された「空き家対策特別措置法」により、倒壊の恐れや衛生上の問題、ご近所からの苦情のある空き家は「特定空き家」に指定され、市町村から勧告・撤去命令が下ることがあり、その場合、固定資産税が高い税率で課されます。

こうした問題を回避するためにも、空き家は放置せず、資産として活用することが得策です。

空き家の活用方法をご提案します

空き家の活用方法をご提案します

空き家を資産として活用する方法は様々です。例えば、建物の状態が良好なら賃貸物件として家賃収入を得ることもできますし、中古物件として売却する、あるいは不動産会社に買い取ってもらうこともできるでしょう。また、更地にして売却あるいは駐車場などにして活用するのも良いでしょう。どの活用方法が良いのかは物件によって異なります。

空き家の活用方法にお悩みなら、まずは当社までご相談ください。不動産に関するプロフェッショナルである、公認不動産コンサルティングマスターが、お客様のご要望や物件の状況などを総合的に判断して、最善の解決策をご提案します。

空き家を放置する3つのデメリット

空き家を放置するデメリット1 治安の悪化

空き家を放置するデメリット1 治安の悪化

長い間誰も住んでいない家は、郵便ポストからチラシが溢れて床に散乱していたり、手入れをしていない庭木が伸び放題になっていたり……。これでは、誰から見ても空き家だとわかってしまいます。そんな状態では空き巣に入られたり、犯罪の拠点として勝手に使われてしまったりと、不審者や犯罪者が侵入し犯罪の温床になりかねません。また、ゴミの不法投棄や塀や壁などへの落書き、放火などが起こる危険性も。そうなれば、周辺地域の治安はどんどん悪化してしまいます。

空き家を放置するデメリット2 資産価値の低下

空き家を放置するデメリット2 資産価値の低下

建物は年月とともに劣化していき、だんだんと価値が下がっていきます。少しでも建物の劣化を防ぎ、資産価値を維持するためには掃除や手入れを日常的にする必要があります。何も手入れしないで放置した空き家は、ちゃんと手入れして人が住んでいる家より劣化が早まり、資産価値も急激に下がってしまいます。資産価値を維持するためにも空き家を放置しているのは良くありません。

空き家を放置するデメリット3 税金問題

空き家を放置するデメリット3 税金問題

空き家を解体して更地にすると、固定資産税の減税対象外になり固定資産税は最大6倍になってしまいますので、「更地にするよりは空き家のままで」と考えるかもしれません。

しかし、倒壊の恐れや衛生上の問題、ご近所からの苦情など管理状況が悪い空き家は、「特定空き家」として指定されてしまい、そうなると住宅用地特例が適用されず高い税率になってしまいます。税金問題を考えるなら、空き家のままにしておくのではなく売却を検討されたほうが良いでしょう。

相続物件を売却する際の注意点

不動産の売却によって売却益が出た場合、「譲渡所得税」という税金がかかります。この譲渡所得税は一定の条件を満たすと3000万円の特別控除を受けることができます。この特別控除を受ける条件として、「申請期限は相続した日から3年経つ年の12月31日まで」とあります。しかもこの特別控除は2019年12月31日までの適用です。ですから、相続物件を所有している方は早めに売却するかどうかを決断したほうが良いでしょう。